HOME>アーカイブ>女性特有の悩みはインナーボールで解消!【気になる部分を鍛えよう】

インナーボールとは

自分の膣圧が気になる女性に人気があるのがインナーボールです。ボールを入れて下腹部に力を入れて締め付けることによりエクササイズが可能です。また膣圧を鍛えることで生理痛の緩和効果も期待できます。

女性特有の体の悩みランキング

no.1

毎月生活に支障を出しかねない生理痛

毎月のことではありながら痛みが引くまで安静にしているしかありません。鎮痛剤を使いながらうまく付き合いましょう。

no.2

イライラの原因でもある月経前症候群

イライラや食べすぎの原因となる症状です。リラックスできる時間を設けるなど生活習慣の改善で症状が軽くなることがあります。

no.3

季節に関係なく悩まされる冷え性

冬だけでなく夏でも末端の冷えに悩む方は多いです。内臓を暖め、肌の露出を避ける地道な努力が改善への近道です。

no.4

長期間続くと習慣化する便秘

肌荒れなど違う症状の原因にもなる便秘は長期化してしまうと改善も難しいです。食生活に気をつけ、薬に頼りすぎない改善を目指しましょう。

no.5

日々つらい更年期障害

閉経を迎えた後、40代後半ごろから症状がみられることが多いです。自分一人で抱え込まず専門医に相談すると症状を緩和することができます。

下着の女性

何をするもの

インナーボールとは膣をトレーニングで鍛えるグッズのことです。膣のトレーニングを行うことで、老化や産後の膣の緩みで起きる尿漏れを防ぐ効果があります。鍛えることにより膣の感度も良くなりパートナーとのコミュニケーションにも役立ちます。

どんな効果があるのか

骨盤底筋という膣もの周辺にある筋肉が直腸や子宮、膀胱などを支えていますが、この筋肉の緩みこそが膣の圧力を下げてしまっているのです。筋肉が減り続けると周辺の臓器を支える力がなくなり、子宮が膣から出てくる事態がおこる場合もありあます。このようにならないためにもインナーボールを用いてトレーニングすることをおすすめします。お腹の出っ張りが気になっている方にはダイエット、老化や産後の方には尿漏れ防止の効果も期待できます。

使い方はどうか

インナーボールを使う前には軽いストレッチを行い、挿入前には潤滑剤使用します。紐が外に出るように挿入し、初めての場合はまず一つ、まだ入るようであれば二つにしてみます。膣に力を入れ引き締める、緩めるを交互に行います。お尻の穴をしめるような気持ちで運動を繰り返すと上手くいきます。だいたい10分程度行うと効果的です。これと合わせて、横たわって運動を行うと更に効果的です。横たわり足を床から15センチほどあげて15秒停止します。これを5回繰り返します。

広告募集中