加齢臭の原因って何?

原因となるのはノネナールという物質です。皮脂腺の中の過酸化脂質と脂肪酸が結合することによって生まれる物質であることが分かっています。

加齢臭と体臭の違い

臭いの原因となる物質が違うので、発生原因も異なる

体臭は一般に汗を原因とするものです。単に汗をかいただけでは臭いは発生しません。皮膚にいる皮膚常在菌によって、汗が分解されたときに発生する臭いを体臭と呼ぶことが多いです。
加齢臭の原因はノネナールという物質で男女問わず、40歳以降に分泌量が増えることが確認されています。

加齢臭対策は清潔にしているだけでは足りない

体臭は汗を拭いたり、シャワーを浴びたりするなど清潔にしていれば抑えることができます。それに対して加齢臭は清潔にするのはもちろんですが生活習慣の改善も必要です。肉料理を避け、適度な運動をすることが加齢臭の低減につながります。

ノネナールが臭いの原因

Women who suffer from head

加齢臭は男性だけに発生するものだと思われがちですが、女性にも起こる現象です。加齢臭の原因は、パルミトレイン酸という脂肪酸を含む皮脂が分泌され、空気に触れて加齢臭の原因となるノネナールという成分を生成することによって起こります。ノネナールが臭いの原因です。ストレスや喫煙は体内の活性酸素を増やしパルミトレイン酸を酸化させて加齢臭の臭いを強くしたり、アルコールはノネナールと混ざり強い臭いを放ったり、太ると皮脂の分泌が増えるためパルミトレイン酸の分泌量も増え臭いも強烈化します。また、ファーストフードやカップラーメンのように添加物の多い食品も、活性酸素を増やし臭いの原因となります。そのため、加齢臭の原因を少しでも減らしたいなら、喫煙や飲酒の習慣をやめ、ストレスのない生活を送り、太りすぎに注意する必要があるでしょう。

酸素系漂白剤で洗う

加齢臭を抑えるには、どこから発生するのかを把握する必要があります。最も臭いが出やすいのは、耳の後ろや頭皮、デリケートゾーンなど皮脂を発生しやすい場所です。入浴の時は、臭いの発生しやすい場所をしっかりと洗うと良いでしょう。皮脂を落としすぎると、余計に分泌が激しくなることもあるので、ゴシゴシと擦らずに優しく洗うのがベストです。また、普通の石鹸ではノネナールの臭いは落とせないといわれているため、加齢臭対策の石鹸を使うようにしましょう。そのほか、皮脂の分泌が過剰にならないように、油ものや乳製品、肉類を控え野菜を中心とした食生活にするのが賢明です。加齢臭がついた洋服は、酸素系漂白剤を入れて洗濯すると、すっきり臭いを落とせます。柔軟剤や香水などの香りでごまかすのではなく、臭いをきれいに落とす方が効果的です。

広告募集中